「非言語コミュニケーション」の視点を取り入れると、
「理想のカタチ」はグンと身近になります。

普段、発している「言葉ではない」メッセージが
どのようなものであるかを振り返ることが、
理想の自分、理想の信頼関係作りへの第一歩。

実は、自分でも気がついていないような
習慣的な行動や感情のクセや声の抑揚、表情の傾向が積み重なり、
あなたの心、人格は形づくられているのです。

「理想のカタチ」を作るため、
自分の非言語行動とコミュニケーション方法について考えてみませんか?

非言語
コミュニケーションとは ?


 

 

 

 

 

言葉以外のメッセージを非言語コミュニケーションと言います。

例えば、同じ言葉を発していても上記の写真のような表情により、ニュアンスや仕草が変わるだけではなく信頼感や人間関係の距離感さえも変わってきます。

​信頼を得られる印象やコミュニケーションは自分の身体の動きから作れるのです。 

 研究発表のための
検証実験へのご協力願い

 

 研究テーマである「身体の動作のどうさによる表情と声の変化」の検証実験にご協力して頂ける方を募集しています。

詳しくはこちらから!

  NO!ハラスメント
​「パワハラ」

 

 目を合わせない、仲間に入れない空気など、言葉以上に身体の動きからもパワハラが可能な反面、社内ではなかなか指摘が出来ない部分でもあります。

​ 

 パワハラには複雑な心理的な要素があると言われていますが、当方では当事者本人が自分の非言語行動の再確認ができる研修をご用意しています。 研修➡

 

 7/11 & 7/18 
オンラインで信頼構築

 

~面白い!非言語コミュニケーションの世界~

*対象は検証実験にご参加頂いた方

​*検証実験についてはこちらから