top of page

プレゼンターコース

人前で話す方向け

  • 10時間
  • 96,000円
  • ZOOM

サービス内容

ここぞ!と決めなければいけない場面は多々あります。営業トーク、セミナー、社内プレゼン、モチベーショナルトーク、演説そして謝罪会見…。これらの共通は、聞いている人の心を掴み、前向きな判断へと行動や評価を得ることです。 そのためにも何を言うかと同時に、どう伝えているのかをも一緒にブラッシュアップする必要があります。 始めに、お申し込み前に一度30分ほど打ち合わせ時間をもうけさせていただきます。 どんな状況で人前で話すのかのヒアリング、5分ほどのプレゼンを見させていただき、 現在の印象改善点をお伝えさせて頂きます。 _お申し込み後の流れ_ ●プレゼンの流れチェック 人が学習しやすく引き込まれるフォーマットシステムの内容と話し方に合わせていきます。 ●スライドとスクリプト確認 引き込むためには適度なスライド枚数、スライド内容を見直し、スクリプトを考えていきます。 ●予行練習 本番さながらの予行練習を行います。話し方や表情、姿勢、立ち方、スクリーンを前にした立ち振る舞い、間の使い方などの非言語部分をも録画しながら確認していき本番に備えます。 コンサルティングは1回2時間x5回です。一緒に考えながら二人三脚で1つの舞台、プレゼンを作っていき行きます。 第一回:プレゼンの流れチェック 第二回:流れとスクリプトチェック/ 予行練習 第三回:予行練習 第四回:予行練習 第五回:最終チェック 【トレーニング内容】 ●プレゼンの流れはグローバルスタンダードの型  アメリカのTEDやモチベーショナルスピーカーが取り入れている基本の流れと話し方 ●スピードやリズムの5種類の使い分け  プレゼンも1つ曲です。棒読みだと聴衆者は寝てしまう。プレゼンメロディーの法則! ​ ●話し方と手の使い方4原型  内容と手の使い方を同期させると、話が浸透しやすくなる。 ​ ●ストーリーテリングの考え方  導入は聴衆と繋がるための話題から入るための「共通項」の見つける ​ ●ボディーランゲージの使い方  聴衆者に話した内容を覚えていてもらうために、視覚へのアプローチ ​ ●トレーニング方法  本番当日に向けて練習を効果的にする方法 ​ ​*内容は受講者様の改善部分を重点的にトレーニングをしますので、上記の順番は一例です。 <対面も可能です> 対面ご希望の方はお知らせください。交通費諸経費を加算した金額となります。


キャンセルポリシー

予約変更やキャンセルはご相談ください。


連絡先

050-5809-9752

info@golpe.biz

Kanagawa Prefecture, 日本


bottom of page