• 新木美代 

視覚と聴覚のコミュニケーション

七夕の日の3時間講座は満員!

今回は視覚以外からでも信頼コミュニケーションを築く方法も学ぶ事が出来ました。 ご参加頂いた皆様どうもありがとうございました。



非言語ってなんだ?どうして大切なのか。



自分の非言語行動がどのようにしてコミュニケーションや人間関係、信頼度、会話の質、社会生活へと影響するのかをお話させて頂きました。


より良いコミュニケーションを築いて行くためには、アイコンタクトがポイントになるのですが、今回の講座に、生まれつき目が見えない方も参加して下さっていました。


目の見えない方はどのような点を感じて「信頼」コミュニケーションを築くのか、のお話を取り入れお話を進めさせて頂きました。S様、講座前の短時間にいろいろお話を伺わさせて頂きありがとうございました。


私達は大きな社会という中で生きており、様々なコミュニケーション方法があります。アイコンタクトであったり言葉のやり取りはそのうちの1つでしかありません。

S様のご教授もあり、人となりは「音」にも出るんだと改めて実感しました。声のトーンや抑揚、そして歩き方の音、物を置くときの音などが、信頼を気づくための大きな判断材料になるそうです。今後、この知識を取り入れていきたいと思います。


質問タイムでは、ボディーランゲージや唇の動かし方はその人のどのような本音が隠れているのか、このお話でさらに1時間はお話しさせて頂ける勢いでした!その中で行った話し方のモノマネを褒めて頂けて嬉しいです!


長時間だったのにも関わらず、皆様からアンケート結果では高評価を頂く事が出来きほっとしております。


皆様の非言語コミュニケーションが更なる良好な人間関係と人生に喜びをもたらすものなりますように!


本当にありがとうございました。




0回の閲覧