top of page

他者との比較はチャンス!


約400名の採点が終わった。沢山のコメントの中で多く目にするのが、他者と比較し自分がダメだと思う、という内容。


落ち込むぐらいなら、他者と比較をしなければいい!と思うが実際はそうならない。

なぜなら、私たちは、他者の評価を通して自分自身を理解をしています。特に学生時代は自分の可能性を見つけたり、自信を作っていく時期なので、比較せずにはいられないでしょう。


皆それぞれ自分は優れた存在でありたいと思うから(自己高揚動機)、他者からの良い評価がとっても大切になってくる。だから私たちは人からの評価がとてつもなく気になってしまう。そしてこれがあるからこそ、私たちは集団社会で上手くやっていく自分を知っていくのです。


私も学生時代、ものすごい比較魔でしたし、母親になっても他者と比べ、なんでこんなに家事が下手なんだ・・・とへこんでしまいます。


しかし、私しか持っていないものがあるはずだ!!と自分らしい点を探してみました。


自分らしいとは、優れているとか、他者が驚愕するような才能のような、何かずば抜けた才能でなくて良いのですね。


例えば、私は・・・


・餃子だけは美味しく作れる(はず!)

・同じ曲をループでずっと聞ける

・家から三日間一歩も出ないでも幸せである

・一人でもテンションが高い

・お寺や神社巡りが好き


更に…


・物持ちがとても良い。今日着ているパーカーも20年もの!

・購入した本の未読率がすごい (本棚はまるで新品の本が並ぶ書店!!)

・3時間話し続けられるのに、ブログ1本書くのに1日かかる

・おやじギャグが大好きだ。


これらを掛け合わせたが「私」であり、きっと同じ人はいないであろう。


これは皆もそうである!他者の1つだけを比較せずに、こうしていろんな小さな要素を掛け合わせて自分を見てほしい。


貴女には貴女らしい可能性と輝きがある!

閲覧数:24回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments

Couldn’t Load Comments
It looks like there was a technical problem. Try reconnecting or refreshing the page.
bottom of page