​メソッド
​動きが共感をつくる
powerpose.jpg

人間関係で私たちが一番求めるものは信頼関係です。

信頼関係とは、心身の危険を感じず、自分の個性を受け入れてもらえ、

互いの話に耳を傾け、約束を守り、助け合い、協力し合い、

喜怒哀楽を過ごしながら共に前向きな時間を築ける関係性です。

 

信頼関係は①共感②誠実③論理 から成り立ち、その中でも共感が大前提です。

共感がなければ相手は聞く耳をもちません。

つまり共感が得られないと信頼関係は構築できません。

​共感は非言語から生まれています。

これはマナーのような型で誤魔化せるものではなく

人が生まれた時から身に付けている危険察知の本能で判断しています。

例えば、言葉で「うそじゃないよ!」と言われても

何か違和感を感じて信用しきれない経験はありませんか?

もしくは、なんか怖くて近づけない、という人はいませんか?

当方の研修は、このような言葉以外の非言語に着目しています。

非言語は日常生活からの癖の定着、もしくは心の打撲など様々な要素があります。

しかし、私たちの体には既に素晴らしい機能が備わっています。

それは体を動かすことで心理状態を変えられるという点です。

人は楽しいから笑うのではなく笑うから楽しい!という逆転の発想が

この事業内容の要です。

人の表現力『空気』は確実に周りに伝染していきます。

そして自身の在り方にも影響します。

この理論を取り入れ、当方はコミュニケーションの改善、

信頼関係の構築法は、体を動かし練習し、新しい動作に慣れて頂く事を大切にしています。

自身の心理状態の変化、自己評価、自己表現が大きく変化します。

非言語は、使い方で大きく自分もその場所も未来も変化できるカギです。

共感を得る非言語とは

​言葉以上にその人自身を語るのが外見です。コミュニケーションが下手であると悩んでいる方の多くは共感されにくい非言語を放っています。日本のコミュニケーションの在り方を理解しながら、会話から人は何を求めているのかを学び、実際に活かせるテクニックを学んでいきます。

表情で話したいかどうかが決まる

言葉数を増やしても、それをどのような表情で話しているのかが要になります。反対に、話す前に表情から印象判断され話さない、ということもあります。表情はその人の話す内容や声の抑揚を連動させてイメージさせます。笑顔も大切ですが、それ以上に大切なのが声です。​声と表情と印象を学びます。

​相手に寄り添う

​ボディーランゲージは本音が出やすい部分です。言葉以外で着目すれば良い体のパーツや、動作が持つ意味と心理を学びます。行動心理学の分野も取り入れながら、複数に表出される非言語への理解することで相手への理解度を上げます。同時に寄り添う動作と効果も学び、印象の不一致をなくします。

​共感が生まれるトレーニングと分析

8000名分のアンケート結果と検証実験データを元に構築した分析システムから、自分の印象と改善箇所が分かるをプログラムを提供いたします。

印象結果.png

☑ 感情と表情チェック

☑ 第一印象チェック

   (声のみの印象・表情のみの印象)

☑ 第二印象チェック(話した時の印象)

☑ 印象アップストレッチ

☑ 印象改善トレーニング

☑ 非言語コミュニケーションと自己肯定感の関係

オンライン版:自分の印象結果(匿名)

■ 自分の印象を知る

■ 身体の動き=表情・声の変化

■ 非言語行動の意味と解釈

メソッドを取り入れた研修風景