対話は

メソッド

言葉35%+非言語65%

対話は

で構成されている

「二者間の対話では、言葉によって伝えられるメッセージが35%、残りの65%はジェスチャーや表情、会話の間などの言葉以外の手段によって伝えられる」(レイ・L・バードウィステル)

■しぐさ

■動作

■声の抑揚やスピード

■表情

■匂い

■危険がなさそう?

■信頼できる?

■仲間になれそう?

■共感したい?

■好き?嫌い?

人は相手の非言語コードを元に、様々な憶測や予想をし相手が信頼できるのか否かを判断しています。外見に表出する身体の動きや表情には感情表出(本音)以外に、相手が普段どのような言動をしているかが見えるからです。

を知り

印象   改善箇所   分析プログラム

自分の

が分かる

オンライン版:自分の印象結果(匿名)

7300名分のアンケート結果と検証実験データを元に構築した分析システムから、自分の印象と改善箇所が分かるをプログラムを提供いたします。

☑感情と表情チェック

☑第一印象チェック

(声のみの印象・表情のみの印象)

☑第二印象チェック(話した時の印象)

☑印象アップストレッチ

☑印象改善トレーニング

☑非言語コミュニケーションと自己肯定感の関係

​メソッドを取り入れたワーク内容

■ 自分の印象を知る

■ 身体の動き=表情・声の変化

■ 非言語行動の意味と解釈

印象改善には、表情や声のみの単体トレーニングではなく、身体全体の動きを変える事で表情や声を豊かにする身体心理学や顔面フィードバック仮説(例:笑うから嬉しい、泣くから悲しい)を元に考案したストレッチと動きと心理的影響(自己肯定感)についても学びます。

非言語行動と​自己肯定感との関係